むし歯・根管治療

むし歯治療について

福井県坂井市の森瀬歯科医院では、できる限り痛くしないように歯科治療に取り組んでおります。

例えば、麻酔による治療では、歯茎にジェル状の表面麻酔剤を塗ってから極細の注射針で局所麻酔を行います。注射が苦手な方や持病などで注射による麻酔ができない方には、笑気吸入鎮静法を使って歯科治療を行う場合もあります。鎮痛効果のある笑気ガス(医療用ガス)を鼻から吸い込むことで、気分がリラックスして痛みへの恐怖心が緩和され、歯科治療が可能になります。

むし歯の段階と当院の治療法

C0

COはむし歯の初期段階で、エナメル質が少し溶け、白く濁り、溝が茶色くなったりします。

[当院の治療法]
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。当院でもPMTCに努め、進行を防止しています。

C1

エナメル質が溶け、茶色または黒くなり、小さな穴が空きますが、 まだ痛みはありません。再石灰化は難しいですが、この状態の治療としては、歯を削る範囲が少なくて済みます。

[当院の治療法]
むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2

象牙質までむし歯が達している状態で、象牙質は柔らかいため、急激にむし歯が進行します。 ここまでくると、冷たいものや甘いものがしみたりします。

[当院の治療法]
むし歯に冒された部分を削り、一般的にはインレー(金属の詰め物)で補いますが、当院では極力金属を使わず、レジンを詰めて治療しています。

C3

歯の神経(歯髄)までむし歯が達している状態で、 神経に炎症が起きるため、ズキズキとひどく痛みを感じます。

[当院の治療法]
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行ない、クラウン(被せ物)を被せます。

C4

歯の上部が全部溶けてしまい、ほとんど根だけが残った状態で、さらに炎症が進行すると神経が死んでしまい、痛みがなくなります。この段階までくると、抜歯しか方法がないことが多くなりますが、ケースによっては歯周外科で残せる歯もあります。

[当院の治療法]
多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

根管治療とは

根管治療は、歯根の中を通る根管の中から、むし歯に冒された神経や血管をきれいに取り除き、根管内を洗浄・殺菌して薬剤を入れ、最後に被せ物をする治療です。

この根管治療は、肉眼では見えない部分の治療のため高度な技術が必要ですが、これを確実に行うことによってご自分の歯を残し、長く使うことが可能になります。

当院で行う根管治療の5つの特長

歯科用CT撮影による確実な検査

根管治療を行う上でまず重要なのが、根管の長さと幅を正確に測定することです。
その為に高性能な最新式デジタルレントゲン装置『プロマックス』を駆使して長さと幅を決定していきます。

ラバーダムを使った無菌的処置

無菌的処置を行う為にラバーダムを使用します。ラバーダムとは、歯の周りにゴムのシートを張って金具で固定することで、お口の中から歯を隔離する道具です。多くの菌を含む唾液の侵入を防ぐことが出来る為、より確実な根管治療を行う事ができます。

マイクロスコープを使用した精密な治療

マイクロスコープによって肉眼では見ることができない術野も大きく見えるので、正確な診断が可能になります。これによって治療精度は向上し、これまで治療が難しいとされてきた症例も経験や勘に頼った治療ではなく、より正確で安全な治療をご提供できます。

超音波による新しい根管治療

当院で根管治療に用いているダイヤモンド粒子でコーティングされた切削用超音波チップは揺れを抑えた状態で効率的に根管拡大ができ、同時に根管洗浄も行えます。

ニッケルチタンファイルの導入

従来のステンレス製より特性的に優れたニッケルチタン製ファイルを使用することによって、1人ひとり異なる複雑な形状の根管から組織除去を確実に行います。

ネット予約 オンライン相談 お問い合わせ
ネット予約 オンライン相談 お問い合わせ